GAFA Part 2

GAFA Part 2
GAFA の第3章 アップル
この本の中で著者のスコットギャロウェイはこう書いています。
“アップルを賞賛する記事を書くライターは多いが、その大半は同社が高級ブランドであるという視点が欠けている”
高級ブランドとなるには次の5条件を見たす必要がありますが、アップルは店舗を作ることによりすべての条件を満たすことができました。
1.  アイコン的な創業者
2.  職人気質
3.  垂直統合(メーカー直営店)
4.  世界展開
5.  高価格
ジョブスは1999年にアップルに復帰してからGAPの店舗展開で大成功を収めたドレクスラーを引き抜き、アップルの役員会に迎え、アップル初の店舗を始めました。
ジョブスがアップルショップを始めた時、ほとんどの人はeコマースの時代となったのでそれを失策と思いました。
又、当時アップルの最高財務責任者も大惨事が起こることを示唆し、ジョブスはチーズとクラッカーで満足している世界でキャビアを出そうとしていると語りました。
しかし、その結果は全く逆でした。アップルは大成功し、アップル製品を高級品とすることができました。
日本にあるアップルショップの数は少ないですが、アメリカの大きなショッピングモールにはアップル製品の高い知識を持った販売員がいる高級感のあるアップルショップが必ずあります
アップルはその製品の性能で成功したと一般的には思われていますが、実は高級店舗展開を始めたことが成功の背景にあったのです。
2016年の世界スマホ市場のマーケットシェアの利益シェアは驚くべき数字です。
同年のアップルの売上シェアは台数ではわずか”14.5%ですが、利益シェアは何とダントツの79%
アップルはアップルショップを非常に上手く活用し、高級ブランドを確立し、それによりこのような高い利益シェアを実現できたのです。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です