アメリカの州名の由来

皆さん、アメリカの州名でインディアン由来のものはいくつあると思いますか?

州名でいえば、全米50州のうち、インディアンの言葉に由来するものは、なんと25もあります。

インディアンが呼んでいた部族名や河川名が多いですが、アルファベット順にリストアップしますと、以下の25州です。

アラバマ、アリゾナ、アーカンソー、コネチカット、アイダホ、イリノイ、アイオア、カンザス、ケンタッキー、マサチューセッツ、ミシガン、ミネソタ、ミシシッピ、ミズーリ、ネブラスカ、ノースダコタ、オハイオ、オクラホマ、オレゴン、サウスダコタ、テネシー、テキサス、ユタ、ウィスコンシン、ワイオミング

さらに、インディアンではないですが、アラスカはアリューシャン列島の先住民アレウト族の言葉です。

また、ハワイは古いポリネシア語だそうです。

インディアンではないですが、先住民の言葉を起源としているこの2州も加えると、50州中、何と27州が先住民の言葉を起源としていることになります。

アメリカはもはやインディアンの国ではないですが、州名では半分以上、先住民の言葉が残っている訳です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

1 Response to アメリカの州名の由来

  1. HBK のコメント:

    アメリカは先住民の土地、せめて州名に生きていることに救いを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です