ドイツ ミュンヘン訪問

11/13 – 11/16 ドイツミュンヘンを訪問しました。

昔のミュンヘンは城壁に囲まれていましたが、時代を経て解体され、現在は3つの城門だけが残っています。

「カールス門」が広場の東側に残っています。これがその写真です。私が訪れた時は夕暮れでしたが。大勢の方々が行き来していました。

ミュンヘンは約150万人のドイツ南東部最大の都市、バイエルン州の州都です。

ミュンヘンのあるバイエルン州はリヒテンシュタイン、オーストリア、チェコ共和国と国境を接するドイツ南東部の州です。

バイエルンの名前の由来はバイエルン王国です。バイエルン王国は非常に長い歴史があり、バイエルン公国を起源としています。19世紀初めから20世紀のドイツ革命まで存在したドイツ南部の王国で、ミュンヘンが首都でした。

私がデュッセルドルフで覚えたドイツ語「アルトシュタット Altstadt」(旧市街)の中心にあるマリエン広場には数多くの歴史的建造物があります。

この下の写真はマリエン広場にある市庁舎ですが、時計台の下に16 世紀の人形劇を再現する仕掛けがあります。

毎日午前11時と正午にこの人形たちが動くそうです。残念ながら、私はそれを見る時間はありませんでしたが。

こちらはその仕掛けの拡大写真です。

マリエン広場にはたくさんの人々が集まっていました。

これははマリエン広場近くの教会です。マリエン広場の喧騒とははまるで違う静寂な空間。

マリエン広場に赤いテントの下で何かを売っているお店が沢山ありました。なんだろうと覗いてみると栗(ドイツ語でMaroni)を売っていました。

まるで日本の天津甘栗の販売店舗の様でした。どうもドイツ人も栗が好きな様です。

11/15ミュンヘンの朝は寒く、気温は摂氏2度でした。

日本をヨーロッパの中に置いた面白い地図を見つけましたのでご紹介します。

改めてドイツの位置をこの地図で見ますと北海道の上です。スペイン、イタリア、ギリシャを除き、ヨーロッパの主な国々は日本より北にあることを改めて認識しました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ドイツ デュッセルドルフ訪問

2022.11/3,4 11/11-11/13 5日間ドイツデュッセルドルフを訪問しました。

デュッセルドルフで撮影した写真と共にこの街の紹介をさせて頂きます。

デュッセルドルフは人口60万ほどの小さい都市ですが、ヨーロッパ最大の日本人街がある街として有名です。

経済都市であるこの都市には、古くから多くの日本企業が進出し、現地に駐在する日本人が増え、日本人企業が立ち並ぶインマーマン通り(Immermannstr. )を中心に日本街が形成されました。

私もデュッセルドルフを訪問するまでは、こんなに日本レストランがあるとは思いませんでした。

11/3にデュッセルドルフに到着した夜の最初の食事はドイツ名物アイスバインでした。この写真にあるとてつもなく大きな豚の料理ですが、大変美味しく頂きました。

アイスバインはドイツ語で「Eisbein」といい、豚肉をタマネギ、セロリなどの香味野菜、香辛料とともに数時間煮込んで作るドイツ料理を代表する家庭料理です。

11/11以降は日本街の居酒屋とラーメン店に行きました。驚いたことにシェフは皆、日本人でした。ワーキングホリデーで日本の若者がこの街に来ている様です。私が行った居酒屋”串亭”とラーメン店”なにわ”はこちらです。

“なにわ”には二日連続で行き、味噌ラーメンと餃子を頂きましたが、いずれも美味しかったです。味噌ラーメンは12ユーロ。思ったよりはリーズナブルなお値段でした。

連日ドイツ人が並んでいましたが、カウンターの横に座ったドイツ人女性に聞いたところ、このお店のラーメンが好きで、仕事でデュッセルドルフにきた時はいつも一人でこのお店に来ているとのこと。

デュッセルドルフでの交通手段はトラム(straßenbahn)と呼ばれるこの写真にある路面電車を使いました。

運転手は運転だけをしており、キップのチェックは全くしていません。これは鉄道も同じで、そもそも改札がありません。これには本当に驚きました。時々抜き打ち検査をしているそうですが、ドイツ中が無人駅ということになります。

鉄道のチケットはこの写真にある販売機を使いますが、全く英語の表記がありませんので近くにいる方に教えてもらいながらチケットを買いました。私は完全にお登りさんです。

次の写真はドイツの駅にあったコインロッカーです。日本と違いとてもカラフルな色々です。

デュッセルドルフの旧市街にも行ってみましたがとても賑わっていました。旧市街はドイツ語でアルトシュタット(Altstadt)と言います。

この街で道を聞くと、Old Townと英語で言ってもなかなか通じず、このドイツ語で言い換えたら、急にニコッとして、ドイツ人のおじさんが方角を教えてくれました。ドイツ人で英語を喋らない方も結構いるのは意外でした。

この写真はアルトシュタットの雑踏です。

ライン川の名前のついたライン塔はホテルから近いので早朝に行ってみました。

こちらはライン塔の上からみたライン川と旧市街です。この日はよく晴れて遠くまで見渡すことができました。

次の写真はデュッセルドルフの旧市街から見たライン川の夕日です。皆この美しい光景をただ見とれていました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ドイツ ケルン訪問

2022.11.12 ドイツのケルンを訪問しました。この町の名所は大聖堂とライン川に架かるホーエンツォレルン橋です。

ケルン大聖堂の中では美しいステンドグラスが見れます。

ホーエンツォレルン橋は1911年にライン川にかけられて以降、物資を輸送する上で重要な役割を果たしてきました。

しかし、第二次世界大戦時、連合国軍の進入を阻もうと、ドイツ軍が自身で爆破。一度は姿を消したが、その後、オリジナルに忠実に再建されました。

今はここは恋人たちにとっての名所であります。

彼らの目的は、「愛の南京錠」を欄干にかけること。互いの名前を記した南京錠をかけ永遠の愛を誓うそうです。

私がこの橋を訪れた時は南京錠をかけるカップルの風景は見れませんでしたが、橋の上にはものすごい数の二つの名前が書かれた南京錠がありました。

ホーエンツォレルン橋から見えるケルン大聖堂も素晴らしいです。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GAFA next stageを読んで 第五章

最終章の第五章では資本主義の特徴をリストアップし、アメリカにおける資本主義の功罪を指摘しています。

資本主義の良い点は

・生産性を高めること

資本主義は私たちを互いに競わせることで。多くの選択肢と機会を生み出し、高い生産性を生み出します。

・優秀な人材を集めること

スコット・ギャロウェイは父と母がスコットランドからの移民であることから話を始め、自身の才能がアメリカで花開いたことを語ります。

・協力を促すこと

スコット・ギャロウェイはイスラエルの歴史学者ユヴァル・ノア・ハラリの著者『サピエンス全史』のフレーズ「見知らぬ他人と協力できたことがサピエンスが世界を支配している理由』を引用して、資本主義が協力を促したことをここで述べています。

資本主義の悪い点は

・外部性の問題

外部性とは当事者がコストを負担しないことです。公害はその典型的な外部性の問題です。

・不平等

200年前、アメリカは黒人奴隷の労働の上に成り立っていました。現在でも、黒人家庭は平均すると白人家庭の10分の1の富しか所有していないというデータを引用しています。

スコット・ギャロウェイは、これら資本主義の問題を解決するのがアメリカ政府の役割であり、コロナ禍はまさにアメリカで資本主義と政府の力の均衡が試練にさらされたがアメリカは無惨な挫折を味わったと語ります。

そして。今のアメリカの状況は以下の通りであると言います。

資本主義(社会の階段を上がる場合) + 社会主義(社会の階段を降りる場合) = 縁故主義

言い換えると現代のアメリカは資本主義と社会主義の「悪いところ」のハイブリッドとなっていると説明します。

アメリカは危機が訪れた時、Too big to fallと言って政府の資金を注ぎ混みましたが、それは貧困層へは渡らず、大企業の株主や高額の給料を受け取る幹部を助けました。このようなことを社会主義の「悪いところ」と表現しています。

第五章で、アメリカの今の問題を示す具体例としてディズニーランドが引用されています。これは大学でも類似のことがあると書かれていますが興味深い引用なので、ここでご紹介します。

昔はみんなディズニーランドのチケットブックにお金持ちも貧乏な人々も9ドル50セントを支払って同じラインに並びました。平等でした。

しかし、今ではお金持ちは170ドル払えばファストパスを買って「カリブの海賊」に僅か10分で入れます。

又、超リッチな上位1%の人々は5,000ドルを支払って、ツアーガイドがつき、特別なダイニングルームでディズニーキャラクターのコスチュームをきたスタッフが給仕をしてくれてバックステージにも入れます。

しかし、お金のない人は119ドルを支払い1時間待つことになります。格差社会の縮図です。

第5章の後半ではGAFA+Xが権力を政府が抑制すべきと主張しています。

2017年にスコット・ギャロウェイが書いた『GAFA』ではGAFA各社の詳細な説明と将来のGAFA候補の紹介がされていましたが、本書ではコロナ禍で更に強大となったGAFAの実体から語り始め、アメリカにおける資本主義の問題点を浮き彫りにしています。

『GAFA』以上に読みごたえのある大変興味深い内容でした。是非、ご一読をお勧めします。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GAFA next stageを読んで 第四章

第四章ではアメリカの大学教育の問題点を上げて、最後に興味深い提案をしています。

アメリカの大学をビジネスとして見るとこの章で引用されている数字は、私にとっていずれも驚くべきものばかりでした。

過去40年でアメリカの大学の授業料は1400%上昇しているそうです。

医療費が同じ時期に600%上昇していますが、それをはるかに高い上昇率です。

一方、大学授業料の上昇率と対照的に旧態依然としたもの、変わったものといえばスライドの代わりにパワーポイント、法律用便箋の代わりにノートパソコンが使われる様になりました。

これでわかる様に、授業料の上昇率に対して大学の提供する価値は余り上昇していません。

何故、親たちはこの様な大学へ対価に見合わない非常に高い授業料を支払うのでしようか?

スコット・ギャロウェイはアメリカの大学の授業料を押し上げた要因は少数のエリート大学の希少性であり、多くの親たちはエリート大学を公益の為の存在ではなく「贅沢品ブランドの一種」と思い込んでいることにあると説いています。

そして、学生ローンというヘロインが、大学という贅沢品を購入する為に湯水の様に使われています。

今やアメリカの学生ローン残高は総額1兆6,800億ドルだそうです。

これはアメリカのクレジットカードの負債や自動車ローンの残高の総額よりもはるかに大きくなり、平均的なアメリカの大学生は卒業時に3万ドル近くの借金を抱えています。

スコット・ギャロウェイはこの章で、この状態を改革する為に以下の提案をしています。

(1) 大学定員の増加

州と協力して州立大学の定員を大幅に増加させ、授業料を下げる必要があります。

(2) 私立校への課税、公立校へ補助金

一部の私立校に大きな資金が集中し、寄付金が多いその学校の卒業生の子息子女が優遇して入学できる様な、現代のカースト制度になっている今の大学教育を変える必要があります。

(3) 大学への寄付金への課税を行う。

ハーバード、MIT、イエールへの寄付金の合計額(850億ドル)は、多くのラテン・アメリカの国のGDPより大きいそうです。

大学が提供する価値よりも多くの現金が大学へ提供されているのであれば、これらの大学は非営利組織ではなく、営利企業であります。

(4) GAFA+Xと大学の連携

いま、私たちは、数十年に一度の大きなビジネスチャンスをつかみ、授業料無料の大学を開設する企業を必要としています。

このビジネスモデルは従来のモデルをひっくり返したものとなります。

その企業が大学生のトレーニングから、資格認定、テスト、成績評価まで行い、その大学の優秀な学生を獲得する仕組みをスコット・ギャロウェイは提案しています。

しかし、これを今すべきなのは巨大帝国となったGAFAや、1企業ではなく政府なのかもしれませんが。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GAFA next stageを読んで 第三章

第三章ではGAFAではなく、台頭するディスラプターを紹介しています。

ディスラプターとは英語でDistruptor 、破壊的企業のことをいいますが、クラウドやビッグデータ、IoT、AIなどのテクノロジーを最大限に活用して、既存の業界の秩序やビジネスモデルを、破壊する会社を意味します。

それらの会社にはこれらの特徴があるとスコット・ギャロウェイは分析しています。

・人間の本能に訴えかける

・キャリアの箔付けになる

・成長とマージンのバランス

・ランドル ランドルとは定期的な売上をもたらしてくれる商品やサービスの集まり

・垂直統合

・ベンジャミン・バトン製品 これは年が経るほど若返る製品やサービスのことを指します。

・ビジョンに満ちたストーリーテリング

・好感度

本書では業界ごとにディスラプターをリストアップしています。

・観光・ホテルのエアビーアンドビー 社

この会社は所有もメンテナンスもせずに遊休資産の収益化を実現しました。上場すれば、観光・ホテルの分野で最も価値のある企業になると本書は予想しています。

・寝具のブルックリネン社

スコット・ギャロウェイの教え子が設立した会社。サプライチェーンを簡素化して。優れた製品にさらに高い価値を付加して提供しています。

・旅行のカーニバル社

ポスト・コロナで世界で注目すべき企業。コロナ禍で大きな打撃を受けたが、生き残れば株価は3倍になると予想しています。

・保険のレモネード社

サプライチェーンのデジタル化で高い流通費を削減し、AIを使ってリスク評価の精度を上げることで損害率を低下させた保険会社です。日本で言えば、テレビコマーシャルでおなじみのライフネット生命に近いビジネスモデルですね。

・動画配信のネットフリックス社

この会社は自分の家のリビングルームから映画の100倍の価値へオンデマンドでアクセスできるサービスを提供しています。スコット・ギャロウェイは2011年にこの会社の株を12ドルで購入し、10ドルで売却した後、2020年に500ドル前後で推移していることを本書で後悔しています。

・医療のマン・メディカル社

この会社はスマートフォンでリモートで医療サービス提供するビジネスモデルを追求しています。

・フィットネスのペトロン社

この会社の会員数は100万人に近づき、定着率はネットフリックス、アマゾンプライム並の93%に達しています。

・金融のロビンフッド社とパブリック社

ロビンフッド社は株式投資アプリのビッグネームで、取引き手数料をゼロにしました。パブリック社は自社アプリを株取引のできるソーシャル・ネットワークを提供しています。

・音楽のスポティファイ社

この会社には定期的な売上があり、本書でいうベンジャミン・バトン製品を持っています。著者はネットフリックスとの合併し、スマートスピーカーのソノス社を買収して垂直統合することを薦めています。

・自動車のテスラ社

テスラを買うことは究極のステータスシンボルであると同時に、自分はイノベーターであることをアピールできるとスコット・ギャロウェイは語ります。テスラはコロナ禍で最大の恩恵を受けた会社の一社であることは間違いありません。

・SNSのツイッター社

スコット・ギャロウェイは自身が株主であることを自白しています。そしてツイッターが占めている空間をきちんと支配することが出来たら1000億ドル企業になるだろうと本書で予想しています。最近、テスラが一度キャンセルしたこの会社の買収を改めて表明しましたね。

・配車サービスのウーバー社

この会社の優位性はコストを変動費化できることにあります。

・メガネのワービーパーカー社

この会社には素晴らしいストーリーがあるとスコット・ギャロウェイは語ります。

・シェアオフィスのウィーワーク社

コンセプトは申し分ないが適正な規模が必要であると著者はアドバイスしています。

・SNSのティックトック社

素晴らしい製品を所有している会社で将来の見通しは明るいと著者はみています。

・大学

最大の獲物という表現で、最後に大学を挙げています。アメリカで何より大きくて動きの鈍いものといえば、大学とこの章を締め括っていますが、著者はこの分野にディスラプターが将来、現れることを示唆しています。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GAFA next stageを読んで 第ニ章

第ニ章でも興味深い数学が引用されています。

2020年前半エクソン・モービル、コカ・コーラ、JPモルガン・チェース、ボーイング、ディズニー、3Mの時価総額は30%下落しました。

一方、同じ期間に、GAFA(アマゾン、アップル、フェースブック、グーグル) + マイクロソフトの時価総額は24%上昇しました。そしてこの5社で、アメリカで公開されている全株式の価値の21%をしめるまでとなりました。

そして、この章で一番興味深い記述はこのひとことです。

それは、「いまやすべてテック企業」という言葉です。

テック企業とは以前はコンピューターのハードとソフトを作っている企業を指していました。

しかし、今や、テック企業は技術インフラを作るだけの存在ではなく、テック企業自身が業界のプレーヤーになりました。

一番わかりやすいのがアマゾンです。アマゾンは本だけでなく、いまやあらゆる製品。サービスを扱っています。

この章での、もう一つの重要なポイント。それはアマゾンが「費用の科目」を「収益の科目」に変えたことです。

具体的に言いますと、アマゾンは本をはじめとする物品をネットで販売するeコマースをやる為に、データセンターを使っていましたが、それはアマゾンにとって外注する「費用」でした。

そして、それは従来のビジネスの権威者が「コア・コンピタンスに集中せよ、それ以外はアウトソースせよ」と何十年も説いてきた当たり前のことでした。

ところが、アマゾンは、なんとデータセンターを自前で作り、それを運営し、更には、使っていないデータセンターのサーバー容量で収益を上げる仕組みを作り、AWSという会社まで立ち上げ、「費用」を「収益」に変えてしまいました。

スコット・ギャロウェイはこの章でGAFA+Xの中で最初に時価総額3兆ドルとなる企業はアマゾンと予想しています。

まだ、どうなるかわかりませんが、アマゾンが従来のビジネス常識で運営されている企業ではないことは明らかであると思います。

アマゾンが始めたAWS事業はビジネスの世界では常に正しいことはなく、過去に成功したやり方(本業以外はアウトソース)が将来も成功する訳ではないことを示す良い例かもしれません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GAFA next stageを読んで 第一章

第一章のポイントは “ブランド時代の終焉”です。

この本の著者スコット・ギャロウェイはブランド時代は2020年の夏に終わったと言っています。

コロナ禍の中、ソーシャルメディアの普及とインターネットでの検索がすべてを変えました。

これらデジタルツールはブランド時代を終わらせ、私たちは今、「プロダクト時代」の始まりにいると著者は語ります。

コロナ禍で何が起きたのでしょうか?

アメリカのメディア大手では社員を一時帰休、あるいは解雇しましたが、グーグルは雇用を増やしました。

高額な費用がかかる広告を打てなかった地方の中小企業でも良い製品を持っていれば、グーグル検索で簡単に見出してもらえる時代は来ていましたが、コロナ禍により、それが一気に加速しました。

第一章ではもう一つ興味深い分析がされています。

「プロダクト時代」には「青」と「赤」の二つのビジネスモデルがあるという分析です。

青とは何でしょうか? 赤とは何でしょうか?

スマホでいえば、青のビジネスモデルとは、アップルです。高価ですが、裏でデータ利用されることはありません。赤のビジネスモデルとはグーグルのアンドロイドです。まずまずの品質で、安いか無料で端末が使えますが、ユーザーは個人データとプライバシーを提供しなければなりません。

動画サイトでいうと、ネットフリックスは青、YouTubeは赤です。YouTubeを見ると貴方の選択した動画はYouTubeが記憶し、他のお勧め動画を見せてくれますが、それは貴方は好みの情報を提供し、それを分析されているということです。

ソーシャルメディアでいうと、ツイッターは青、フェースブックは赤です。フェースブックユーザーは知り合いですか?という問い合わせを見てドキッとした方もいると思いますが、貴方の情報は分析されている訳です。

eコマースでいうと、カナダの企業ショッピファイは青、アマゾンは赤です。あなたの購入履歴は記憶され、それを元に貴方が興味を持ちそうな商品をアマゾンは提案してきます。

青、赤、どちらのビジネスモデルを選択するかは顧客の自由ですが、どちらが最後の勝者になるかはまだわかりません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

GAFA next stageを読んで イントロダクション

2017年に出版されたGAFAはベストセラーとなりましたが、その続編GAFA next stageが出版されたので早速、読みました。

この本はコロナ禍が始まった2020年に書かれた書籍ですがポストコロナ禍も予言しており、大変興味深い内容が書かれていますので、私が特に興味を持った内容を章ごとにご紹介させて頂きます。

まずはイントロダクション。

イントロダクションではいくつか興味深い数字が引用されています。

コロナ禍は今まで起きてた変化を一気に加速しました。

この本で引用されている具体的な数字をご紹介しますと、eコマースは2000年に始まりましたが毎年1%の成長で2020年初頭、小売業におけるデジタル取引は約16%でしたが、コロナ禍が広がって8週間後には27%に跳ね上がりました。10年分の成長が僅か8週間で起きたわけです。

次に雇用数字。アメリカでは過去10年間で2,000万の雇用がうまれました。しかしコロナ禍でわずか10週間で4,000万の雇用が失われました。

そんな中、レストランや劇場は大打撃をうけて、廃業に追い込まれる会社もたくさん出てきました。

しかし、GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon) +Xはコロナ禍でより強大になりました。

ここにアップルとテスラの驚くべき数字があります。

アップルの時価総額が1兆ドルに達するまで42年かかりましたが、コロナ禍の中で僅か20週で2兆ドルを突破しました。

同じ時期にテスラの時価総額は世界一となり、トヨタ、フォルクスワーゲン、ダイムラー、本田の合計時価総額よりも大きくなりました。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

イソップ物語から来た英語表現

今日はイソップ物語の中のフレーズを語源とする英語表現を5つご紹介します。

狼少年の話は皆さん、既にご存知ですね。それ以外のイソップ物語にあまり馴染みのない方もいると思いますので、語源となったイソップ物語の要約と紹介しました英語のフレーズの例文も書き加えましたので、一緒にご覧になり、ご活用下さい。

(1) sour grapes

「負け惜しみ」

語源 : イソップ物語キツネとブドウの話

子ぎつねを守るために、母きつねは危険を知らせるため大きな声で鳴いて知らせてその結果猟師に見つかってしまいます。子ぎつねは小さいうちにお母さんを亡くしてしまいますが、山の中で無事成長します。ある時あるブドウに出会います。そのブドウはお母さんキツネが残した物だと子ぎつねは気づきます。そしてお母さんの愛情も思い出します。

例文 :

It was sour grapes on your part.

「それは君の負け惜しみだ」

(2) dog-in-the-mangerish

「意地悪者」

語源 : イソップ物語の飼い葉桶に入り込んで牛を困らせた犬の話

ある日、牛たちが一日の仕事を終え疲れてお腹をぺこぺこに空かせて牛小屋に戻ってきた。すると意地悪な犬が牛の飼葉が入っている飼葉桶の中に立ってほえていた。犬は、その飼葉を食べないくせに 牛たちに食べさせなかった。

例文 :

Don’t be a dog in the manger !

「意地悪するなよ!」

(3) bell the cat

「他人が嫌がる中で進んで難局に当たる、皆の為に進んで危険なことを引き受ける」

語源 : イソップ物語のネズミの相談

ネズミたちは、いつも猫のためにひどい目にあわされていた。 何とかしようとネズミたちが集まって相談し、その中の一匹が、「猫が来たらすぐわかって逃げられるよう、猫の首に鈴を付けよう」と提案する。 皆は名案だと喜んだが、では誰が猫に鈴を付けに行くのかという段になると、誰もその役を買って出る者はいなかった。

例文 :

That’s a very good plan. But who will bell the cat?

「それは素晴らしい案だけれど、誰が実行するんだ?」

(4) cry wolf

直訳は「オオカミと叫ぶ」ですが、「嘘をついてパニックを起こす」

語源 : イソップ物語の「オオカミ少年」

羊飼いの少年が、退屈しのぎに「狼が来た!」と嘘をついて騒ぎをおこす。だまされた大人たちは武器を持って出てくるが、徒労に終わる。少年が繰り返し同じ嘘をついたので、本当に狼が現れた時には大人たちは信用せず、誰も助けに来なかった。そして、村の羊は全て狼に食べられてしまいます。

例文 :
Stop crying wolf about everything.

「嘘をついてパニックを起こすのは辞めてくれ」

(5) a taste of one’s own medicine

直訳は「自分で処方した薬の味」ですが、これは、「しっぺ返し」「自業自得」といった意味で使われます。

語源 : イソップ物語の「ペテン師の薬売り」

イソップ童話で、お金もうけをしようと効能がない薬をどんな病気でも治ると嘘をついて売ったペテン師が、最終的に自分が病気になった時にそれをのむ羽目になる。

例文 :

Now you see how it feels to have someone lie to you! You are getting a taste of your own medicine!
「他人に嘘をつかれるとどんな気持ちになるのかわかったでしょう!自業自得ね!」

カテゴリー: 未分類 | コメントする