Come hell or high water

Come hell or high water
私はこれを最初に現地で聞いた時は、ピンときませんでしたが、”何があろうとも”という意味です。
分解しますと、hellは地獄、high waterは洪水です。”たとえ地獄におちようと、洪水となっても”、という意味から、”どんな試練が訪れようとも”, “何があろうとも”という意味になります。1つ例文をあげますと
He will succeed, come hell or high water.
彼は何があろうとも成功するでしょう。
実は、日本語にもこれに近い表現がありますよね!
それは”火の中、水の中”です、後半の”水”と”洪水”はほぼ一緒ですが、前半が日本語だと”火”ですが、英語だと”地獄”となります。
他の普通の英語だと、”by all means”となりますが、悲壮感というか、真剣度を本当に相手に伝えたい時、come hell or high water 是非一度、使ってみて下さい。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です