Hang in there

Hang in there
頑張って
日本人は、頑張ってという言葉をよく使いますが、これに相当する頻度でアメリカ人が使う言葉は何でしょう?
Take it easy “気楽に” 
これは国民性の違いかもしれませんが、アメリカ人は、頑張っての代わりに、逆のことを言う訳です。
思いっきりプレッシャーをかけて 頑張れという時は
Go for it “行け!”
You can do it “君ならできる!”
それでは日本語の”頑張って”に近い英語は何かというと、それが Hang in there 
実はこの言葉にはもっと深い意味が含まれています。
Hang in thereは相手が負けそうな時や辛い状況の時に使います。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です