Carrot and stick

Carrot and stick
今日は食べ物に関した英語表現をご紹介しています。
Carrot and stick は日本語では”あめとむち”,
“褒美と罰” です。
由来は好物のニンジンと嫌なむちを使って馬を上手く走らせたことです。
ニンジンと言えば、アメリカではよく機内食や航空会社のラウンジで、生のニンジンが出てきますが、私は最初食べれませんでした。生でニンジンを食べるのはロバだけと思っていたからです。
しかし、今ではRanchというドレッシングと一緒に普通に食べています。慣れるとなんでも食べれる様になるものです。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です