A bird in the hand is worth two in the bush

A bird in the hand is worth two in the bush
これは決まった言い方でビジネス会話でも時々出てきます。
文字通りは手の中の鳥の一羽は藪の中の鳥二羽分の価値があるということですが、ビジネスでいうと
大きいが不確実な将来の利益よりも、小さくとも確実な現在の利益の方が有用であると言えます。
日本語では これと同じ意味の
明日の百よりも今日の五十
という言葉がありますね。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です