Diversity Part 2 – アメリカ人

Diversity Part 2 – アメリカ人
IMG_2080.JPG
昨日のブログで、Diversityのことを書きましたが、アメリカは本当に人種のるつぼであるかを改めて考えてみました。
アメリカでは10年に一回、国勢調査が実施されますが、最新の国勢調査は2010年のものでした。
この国勢調査によると、白人が78.1%, 黒人が
13.1%, その他が8.8%となっています。
ヒスパニックか否かで見ると、非ヒスパニック系白人は63.4%, ヒスパニック系は16.7%, その他が19.9%です。
アメリカは出生地主義をとっていますが、米国生まれは87.2%, 米国外生まれは12.8%でした。
言語でいいますと、家庭で話される言語の調査では英語のみが80%, 2番目がスペイン語で12.4%でした。カリフォルニア州は特殊で、英語が56.9%, スペイン語が28.7%でした。
この数字をどう見るかですが、2010年時点ではアメリカはまだまだ、アメリカ生まれの英語を話す白人の国であることがわかります。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です