That’s weird(ウィアド)

That’s weird(ウィアド)
That’s weird(ウィアド) これは学校で学ぶ英語
That’s strange “それはおかしい、それは変”
と基本的には同じ意味ですが、もっとカジュアルに、Strangeよりむしろ頻繁に使われています。しかし、カジュアルな口語ですから公式のスピーチでは控えた方がよいでしょう。
ニュアンスとしてはStrangeよりも更に変である時に使われていますが、Weirdしか言わない若者もいます。
私は昔、カナダで最初にWeird (ウィアドと発音します)という言葉を聞いた時、戸惑いましたが、何を指しているかがすぐに分かりました。それはこの言葉の響きそのものも少し変だったからかもしれません。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です