Tryの本当の意味 Part 3 – I tried

Tryの本当の意味 Part 3 – I tried 
9016564B-9078-4D80-B1A5-B01AA35FFEE5.jpeg
昨年5月5日と5月25日の私のブログでTryは誤解を招く可能性のある言葉であることをエピソードも含めて書きました。
日本人はTryは50%以上の確率でできること、Positiveな言葉と理解しがちですが
英語を母国語にしている人はTryを50%以下の確率でできること、ほとんど実現可能性がない時に使います。
I’ll try の本当の意味はあえて補足説明しますと
一応やってみるけれど多分うまくいかないと思うので、過度の期待は持たないでください
今日はその過去形
I tried 
の本当の意味をご説明いたします。
I tried はそのまま訳しますと”試みました”ですが、そのまま理解してはいけません。
“やってみたがダメであった”
という様にその結果を既に意味しています。
もっと言いますと、試みたことより、ダメであったことを意味しています。
したがって、I triedと言ったアメリカ人に
それで結末はどうだったの?
と聞き返すのは野暮な質問です。
I triedというアメリカ人の目と、表情をよく見てみて下さい。
うまくいかなかったことを理解してくれと相手に伝えようとしています。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です