カナダの時差

カナダの時差
IMG_0232-b99dc.PNG
アメリカ、カナダには日本と違い、国内に時差がありますが、今日はそれについて書かせて頂きます。
アメリカには東部時間、中部時間、山岳部時間、太平洋時間の四つに加えて、アラスカ、ハワイ-アリューシャン時間があることはご存知の方も多いかと思います。 
カナダでは更に東に二つのTime Zoneがあることをご存知でしょうか?
カナダには東部時間より更に1時間早いノバスコシア州の大西洋時間
更にそこから30分だけ早いニューファンドランド州時間があります。
何故、ニューファウンドランドは大西洋時間から0.5時間早く、東部時間から1.5時間早いという妙な時間帯なのでしょうか?
実は、この時間帯はかつてニューファンドランドが独立した植民地であった頃の名残です。
1963年に州政府が他の大西洋諸州と同じ時間帯に移行する計画を立てましたが、住民からの強い反対があり断念したそうです。
ニューファンドランド島、及びラブラドール地域はカナダでは最も若い領土です。
1949年までニューファンドランドはイギリス植民地で、独立国のように振る舞っていました。この年、ケベック州の様に、住民投票が実施され、賛成50.50%、反対49.50%の僅差でカナダ加入が決まったそうです。

こういう経緯があり、この地に住む人々は独立心があり、大西洋時間から0.5時間早く、東部時間から1.5時間早いという時間帯にこだわっている様です。

カナダの島で、日本人に一番馴染みがあるのは赤毛のアンのプリンスエドワード島ですね。
ニューファウンドランド島は日本では余り知られていませんが、カナダの手付かずの自然が見れる非常に美しい島です。
ニューファンドランドでは写真の様な巨大な流氷が見える時もあります。
IMG_0233-86ff5.JPG
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です