アメリカ、カナダのハイウェイ番号の決まり

アメリカ、カナダのハイウェイ番号の決まり
IMG_2245.JPG
今日はアメリカ、カナダのハイウェイ番号の決まりについてご紹介します。
ある時気がついたのですが、アメリカのハイウェイ番号には明確な決まりがあります。
東西にアメリカを横断するハイウェイは全て偶数で二桁で下一桁は0、南から北へ数字が大きくなっていきます。
例えばテキサス州を横切るハイウェイはルート30, 40, カリフォルニア州北を横切るハイウェイはルート80です。
一方、南北にアメリカを横断するハイウェイは全て奇数で、西から東へ数字が大きくなっていきます。
例えば、アメリカの東の端を南北に走るハイウェイはルート95ですが、ボストンからフロリダ半島まで、ずっと北から南へ走っています。
更に面白いのはこのハイウェイにつながる3桁の支線のハイウェイ番号の下二桁がそのハイウェイの番号になっています。
例えばアメリカ東部を南北に走るルート95はボストンを走っていますが、このハイウェイにつながるボストンの回りを走るハイウェイはルート495、下二桁がつながるハイウェイの番号95です。
ルート95はワシントンも走ってしますが、ルート95につながるワシントンの回りを走るハイウェイはルート695です。これも下二桁がつながるハイウェイの番号95です。
地図を上から下まで見ると下二桁が95の3桁番号のハイウェイは全てハイウェイ95につながっています。今度地図でよく見てみて下さい。
一方、カナダでは東西に走るハイウェイ番号はアメリカの様に偶数ではなく、奇数です。何故かカナダはアメリカとは逆です。
例えば、カナダを東西に走る代表的なハイウェイ401は奇数です。
13F6144E-2613-4B4F-B1BF-8C4158F7945A.jpeg
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です