Sorry about that

Sorry about that
70DECEAA-61FD-4E38-A257-9D0EAC51A75A.jpeg
日本語のすみませんにはいろいろな意味があり、そのまま英語のI am sorry あるいはI’m sorry と訳しますと誤解を与えます。
日本側のすみませんの意味は
まず、呼びかける時に使いますね。
又、軽く謝るとき
そして、感謝の気持ちを表す時も
一方、英語でI’m sorry は軽い謝罪でなく自分の非を認める深い謝罪ですから、日本側のすみませんをそのままI’m sorryと訳すのは危険です。
それでは軽い謝罪をする場合、日本語のすみませんをどう訳したら良いでしょうか?
I’mをとって、Sorry about that というのが良いです。
例えば、レストランでお客さんを待たせたウェイターが戻ってきて言うフレーズはこれです。
Sorry about that. What would you like to order ?  
すみません。何をご注文されますか?
E879916D-644D-4A75-A44B-9A086FE03A42.jpeg
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です