See eye to eye

See eye to eye
See eye to eye とは文字通りは目と目を見るですが
“意見が一致する”
という意味で使われます。
We finally saw eye to eye on this subject after long discussion.
我々は長い議論の末、ついにこの件で意見が一致した。
ところで、アメリカ人と話すとは目を見て話した方が良いとよく言われますが、個人差があり、アメリカ人もずっと相手の目を見て話す訳ではなく、時々目をそらします。
しかし、日本人と話す時よりは意識して相手の目を見ながら、話をした方が信頼されると思います。
それから、どうも日本人は話をしている時にアメリカ人よりもうなずきの回数が多いようです。
アメリカ人がじっと目を見て聞いてくれているけれど、あまりうなずいてくれないので不安に思う日本人の方がいます。
これは納得していないのではなく、アメリカ人はうなずきの頻度が少ないと理解すれば気も楽になると思います。
ただし、相手が理解してくれているか聞きながら話をするのが良いですね。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です