Ballpark figure

Ballpark figure
Ballpark figure は文字通りは野球場の数字ですが、ビジネスでは“概算、おおよその金額”という意味で使われます。
このフレーズの由来は野球場の中でボールが飛ぶ距離は大差ないからという説明に使われたという説の他、野球の実況中継でアナウンサーがその日の球場の席の埋まり具合を見て入場者数を概算で告げたのが始まりという説もあります。いずれもアメリカ由来の話です。
もともとはアメリカのスラングだった様ですが今では公式なビジネスの打ち合わせの場で普通に使われています。
Could you give me a ballpark figure of your company’s budget for next year ?
貴社の来年の予算の概算を教えて頂けないでしょうか?
余談ですが、以前ボストンへ出張した際に時間があったので場外に並んで当日券を買って入ってボストンレッドソックスのホームグランドFenway Park球場でレッドソックスの試合を観戦したことがあります。
球場中はレッドソックスファンで埋め尽くされていました。レッドソックスは本当に地元の人たちに愛されているチームであることを実感しました。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です