Overtourism Part 1

Overtourism Part 1
皆さん、Overtourism という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
Overtourism オーバーツーリズムとは日本語一言で訳すことは難しいですが、観光地に観光地が耐えられない数の観光客が訪れる状態を指します。
外国人観光客が増えることはその国にとってはその国の文化を知ってもらい、外貨収入が増えるという点では大変良いことですが、観光地の地元住民にとっては迷惑な場合もあります。
日本は観光立国を目指していて、昨日、来日外国人数が2800万人を超えたそうですが、観光客が増え過ぎると観光地の住民と摩擦を起こすことがあります。
日本でも有名な京都や鎌倉といった有名な観光地では道路に観光客が出て写真を撮ったりして交通の妨げになるといった問題がおきています。
私も数年前に京都、奈良観光をした時に京都の観光客の半数以上が外国人で、何処にいっても外国人で一杯なのは本当に驚きました。特に伏見稲荷では日本人の方が少ない感じでした。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です