Connectの本当の意味

Would you connect me to the person in charge of this project?(このプロジェクトの担当者をご紹介頂けないでしょうか?)


connectは物と物を接続する、つなげるという意味ですが、ビジネスでは”人と人をつなげる、連絡をとる, 紹介する、交流する”という意味でよく使われます。


アメリカのホテル「コートヤードマリオット(Courtyard by Marriott)」で、軽食のサービスを紹介するこんなフレーズがありました。


The Bistro ? Eat. Drink. Connect.


Bistroとは気軽に入れる小規模のレストランという意味で、その後、食べて、飲んでとあり、最後にConnectとあります。


私はこのフレーズの最後の言葉 connect に少し違和感がありました。「インターネットにつなげて」という意味もありますが、ここでのconnectは「人と人とが交流して」という意味でつかわれています。

Appleの創業者のSteve Jobsが2005年にスタンフォード大学の卒業式に呼ばれておこなった有名なスピーチを聞いたことがあると思いますが、そこにconnecting dotsという話があります。

Steve Jobsは3つの話をしますが、その最初がconnecting the dotsの話です。

過去の人生で起きたことが、その時は全く意味がないと思っていたことが、後になって結びつくと、大きな意味をもってくるという話でした。

Steve Jobが引用しているのは、ドロップアウトした大学で学んだ文字を美しく見せる為の手法カリグラフィーのクラスで学んだ文字があとになってApple Computerの美しい文字を生み出すことになったと言っています。

このスピーチではSteve Jobsはconnectを人と人のつなぐという意味では説明していません。人生のある出来事とある出来事をつなげていると言っている訳です。

しかし広い意味では彼がApple Computerを一緒に創業したもう一人のSteve、Steve wozniakスティーブ・ウォズニアックという人物との出会いもSteve Jobsにとってはconnecting the dotsであったのではないでしょうか。

もう一人のSteveと言う優秀な技術者がいなかったら今のApple Computerはなかったでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

1 Response to Connectの本当の意味

  1. HBK のコメント:

    Eat. Drink. Connect.

    たしかにConnectと言われても何だろう?と思いますね。
    私もネットにつなげられる、と思うはずです。

    実際には、電話でもメールでもConnectはよく使っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です