カナダ特集 Part 1 – カナダ英語

私はカナダトロントに1992年から1998年まで6年間住んでいました。

その時に見聞きしたことについて、以前書いたことを再編集してこのゴールデンウィークにこのブログに書かせて頂くことにしました。

ご興味のある方はどうぞ最後まで、ご覧下さい。

今回はまずは、アメリカ英語とカナダ英語の違いについてご紹介します。

カナダは英連邦の国ですが話される英語はむしろアメリカに近く、カナダとアメリカの英語の違いは限定的ですが、違いがあります。今日はその違いをご紹介します。

(1) 州名

カナダでは州のことをprovinceと呼びます。

アメリカのStateもカナダのProvinceも日本語にすると州ですが、初めて会うカナダ人にアメリカと間違えて

Which state are you from ?

どちらの州のご出身ですか?

と言ってしまうと少し不機嫌になるか、Stateではなく、Provinceですよ!と注意されます。気をつけましょう。

カナダ人の心の中では

“私はカナダ人よ、アメリカと一緒にしないで”

と言っています。

カナダの方はカナダ連邦に誇りを持っています。アメリカと一緒にされたくはないのです。

(2)末尾のer

例えば、アメリカではシテイセンターはCity Centerと綴りますが、カナダではCity Centreと綴ります。

(3)トイレの呼び方

アメリカでトイレをRest roomと言いますがカナダではWash roomと言います。

(4)カナダ方言

カナダの方言があるとしたら、それは1つ。

それはEh(エイと呼びます)です。

意味は – だね?と相手に共感を求める時に最後に添える言葉です。

90年代カナダに住んでいた時ある冬の朝、隣の住人が雪かきをしていて、わたしに話しかけてきました。外は摂氏マイナス15度です。

私が住んでいたカナダトロントでは1月、2月は摂氏マイナス15度がずっと1-2週間続くことも珍しくありません。

そんな寒い朝に、隣人のボブさんから出た言葉はこうです。

Cold Eh ? 

(今日は)寒いね ?

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。