ケルト人とは?Part 2 (ケルト音楽)

ケルト人の伝統的なケルト音楽はアイルランドだけに残っている訳ではありません。

イギリスのスコットランド、スペインのガリシア地方、フランスのブルターニュ地方、カナダやアメリカのアイルランド移民が多く住んでいる地域でも継承されています。

ケルト音楽の継承者はアイルランドのアイルランド人だけではないということです。

更に言いますと、ケルトとは正確にはアイルランドのアイリッシュだけではなく、広い地域に移り住んだケルト民族・文化の総称です。

最近ではこれらの地域間の国境を越えたケルト音楽の交流も盛んです。

アイルランドの伝統音楽をケルト音楽と呼ぶのは正しいですが、ケルト音楽には実はアイリッシュでないものもあります。

又、アイルランド人が現在演奏している音楽でも、ロック、ポップス、クラシック、ジャズでなく、伝統音楽であるということを明示するためにケルト音楽と呼ぶこともあると思います。

私がよく聞きます現代のケルト音楽をご紹介させて頂きます。

エンヤのOnly TimeとCeltic WomanのYou Raise Me Upの2曲をお聞き下さい。

私はいつも静かな部屋で一人聞いていますが、いずれも心が穏やかになる素晴らしい曲です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です