世界の王室 Part 5 – スウェーデン

世界で5番目に王室の歴史が長いのはスウェーデンです。

ノーベル賞の授賞式でメダルを授与するスウェーデン国王が属する現在の王室は1818年にはじまったベルナドッテ王朝です。

その開祖は、当時ヨーロッパの覇権を握っていたナポレオン・ボナパルト配下のベルナドッテ将軍です。

ホルシュタイン=ゴットルプ王朝のカール13世に世継ぎがいなかった為、ナポレオンの推薦もあって、カール・ヨハンと改名したベルナドッテ将軍がスウェーデン議会によって同国の王位継承者に選ばれました。

その後、1818年にカール14世ヨハン(兼ノルウェー王カール3世)としてスウェーデン=ノルウェー連合王国の王位につき、ベルナドッテ王朝が開かれました。

カール・ヨハンはフランスからスウェーデンへの圧力をはねかえすため、かつて属したフランスとの戦争を決意し、ライプチッヒ会戦でフランス軍を打ち破り、キール条約でノルウェーの割譲を受け、ノルウェーとの同君連合を実現するなどスウェーデンの強国化に非常に大きな功績がありました。

シルヴィア王妃は、1943年生まれで今年2022年で79歳、スウェーデン国王カール16世グスタフの王妃です。

シルヴィア王妃はドイツで生まれ、ブラジルで育ちました。

スウェーデン出身ではなかったため結婚に際し国民に受け入れられ難かったというエピソードがありますが、今ではスウェーデン語を流暢に話し、スウェーデン国民に広く愛されています。6ヶ国後を話し、手話もできるそうです。

1980年にスウェーデンは王位継承制度を変えました。

それまでは王位を継ぐのは日本同様、長男と法律で決まっていましたが、ジェンダーに関わらず長子が継ぐと改正しました。

今ではイギリス、ベルギーやオランダ、ノルウェーなど長子を優先にする王室は他にもありますが、スウェーデンはその中でも一番早かったそうです。

スウェーデンの歌手ABBAは世界的に大ヒットすることになったDancing Qeenをグスタフ国王、シルヴィア王妃の前で初めて披露しました。

これにより、スウェーデン中でABBAは広く認められ、今では世界的で知らない者はいないグループとなりました。

下の埋め込み動画をご視聴下さい。その時の映像がこれです。国王陛下の面前で歌うのでABBAも素晴らしい宮廷衣装を身にまとっています。最後にグスタフ国王とシルヴィア王妃に深々と一礼をしています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。