世界の王室 Part 2 – デンマーク

世界で日本に次ぎ2位、欧州においては最も古い王室はデンマークです。

ゴーム王(936~958年)が初代デンマーク国王で、現在54代のマルグレーテ2世が在位しています。

マルグレーテ2世は1947年にデンマーク国王に即位しましたが、彼女は前国王フレゼリク9世の第一王女(第1子)で、母は海を隔てたお隣のスウェーデン王女のイングリッド王妃です。

北欧史は大きく言えば、ノルウェー、デンマーク、スウェーデンをあわせたカルマル同盟、デンマークを盟主とする欧州最大の3か国連合王国からスウェーデン、ノルウェーが独立へ向かう歴史です。

その都度、撤退を迫られながらもしぶとく生き永らえたのがデンマーク王室です。

下の地図をご覧下さい。デンマークは半島ですが、首都コペンハーゲンは島の中にあります。実はNo.2のデンマークもNo.1の日本、No.の3のイギリス同様、首都は島にあるのです。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。