TRYの本当の意味 Part 2

TRYの本当の意味 Part 2
5月5日にアップしました最初のブログに
日本人はTryを50%以上の確率でできることと思いますが、英語を母国語にしている人はTryを50%以下の確率でできること、場合によってはほとんど実現可能性のないときにこのTryを使うようです。
と書きましたが、それではどう言ったら、絶対やりますと相手にやる気を確実に伝えることができるかを書きませんでしたが、今日はその答えを書きます。
I will manage it.(何とかやり遂げます)
That wil be done. I will do it. (やります)
I will work hard to meet your expectation.(ご期待に沿えるよう、頑張ります)
You can count on me. (私に任せてください)
You won’t be disappointed.(がっかりさせません)
You can count on me が一番訴えることができます。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です