Challengeの本当の意味

5月に最初にアップしましたブログにTry, Diffocultの意味が日本人が考えている意味と英語を母国語にしている方との間で違いがある話をしましたが、Challengeにもギャップがあります。

日本語でいうチャレンジと英語のChallengeの意味には差があります。

日本語でチャレンジといったとき、非常に前向きに挑戦するという意味で使われますが、英語のChallegeは難しい課題、困難なこと、という意味で使われます。

たとえば、I want to challenge yoga
と言ってもヨガにチャレンジしたい、ヨガに挑戦したい とは伝わりません。こういった場合、英語ではChallengeという英語は使われません。

その場合はI want to try yogaと言ったほうが日本語のチャレンジの意味になると思います。

Challengeは使うのはこういった場合です。

It was really a challenge for me to get there in one day.
そこに一日で到着するのは本当に大変だった。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です