航空会社のフライト番号

航空会社のフライト番号
IMG_2244.JPG
航空会社のフライト番号にも決まりがあります。
国際線では一般的に東行き、北行きのフライトには偶数、西行き、南行きのフライトには奇数が割り当てられます。
3桁以内の便名は一般的に長距離便や航空会社の基幹となるフライトに割り当てられます。
特にフライトナンバー1は航空会社会社の看板便に割り当てられます。
例えばJAL1便はサンフランシスコ発羽田行き
ANA1便はワシントンD.C.発成田行きです。
又、1000番から4000番台は子会社の担当する地方便、5000番代は別会社の運行するコードシェア便で使われます。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です