I’m goodの本当の意味

I’m goodの本当の意味
I’m goodは充足した状態、満足した状態を示し、これ以上のものは必要ないという意味があります。
そこから派生してNo thank youという意味があります。
私の経験では私はアメリカ人がNo thank youというのをあまり聞きません。
No thank you という代わりにほとんどI’m goodと言っていると思います。
昨晩もアメリカのパートナー会社の方へ契約書のソフトコピーをメールで送った後にもこんなやりとりがありました。
Do you want me to send you a hard copy as well ? 紙のコピーも送りましょうか?
I’m good. Thanks.
いいえ、結構です。ありがとう。
空港のSecurity checkの時も金属探知機のゲートをくぐった後、問題ない時にSecurityのスタッフから言われる言葉は決まっていて
You’re good to go.
貴方は行ってOKです。
ですね。
これも貴方はSecurity checkをパスした充足した状態という意味で使われています。
カテゴリー: 日記 パーマリンク

1 Response to I’m goodの本当の意味

  1. HBK のコメント:

    No thank youが日本ではなぜかあまかり通っているようですが、「目から鱗」でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です